2017年7月31日月曜日

小川谷廊下

【期間】   2017年7月29日(曇り一時雨)
【形態】   沢登り
【山域】   神奈川・西丹沢
【ルート】  小川谷廊下
【メンバー】 津田、平石(記)

昨年、沢登りをサボっていまして、2年ぶり。
小川谷はいつだっけかな?ジムの友達といった以来。
発電所関連の工事ということで玄倉林道入った直後から通行止。

2017年7月24日月曜日

小川山(春の戻り雪)

【期間】   2017年07月22日(土)
【形態】   フリークライミング
【山域】   奥秩父 小川山
【ルート】  小川山 春の戻り雪
【メンバー】 目、津田、平石(記)

久しぶりに小川山のマルチピッチへ行ってきました。
午後からは予報通り雷雨となり終了。

春の戻り雪1P:津田


1ピン目と2ピン目の核心で行きつ戻りつしましたが、あとは安定した登り。
ナイストライでした。


春の戻り雪2P:目

ピンが増えているような。
写真無し、相変わらずの強点好きですね~、ピンとおり行かず。
そしてラナンナウトしてまっせ。


春の戻り雪3P:平石

ピンがあきらかに増えていてそれらを使う。
ルートとしては合理的かな。
もってきたカムは1か所だけ使った。

懸垂2回で取りつきまで戻り、休憩後、他の場所へ移動中に
雷雨となって本日の行動は終了、続々と帰る車。。


マルシェかわかみで野菜を買って、明野でお風呂に入るが、中央高速の笹子トンネルで事故。。
なんと通行止。。

河口湖に迂回して帰京。。というおまけ付きでした。




2017年7月5日水曜日

国見温泉から秋田駒ケ岳

【日程】2017年6月30日(金)
【形態】ハイキング
【山域】東北 
【ルート】国見温泉から秋田駒ケ岳
【メンバー】吉岡(記録)

記録
2017/06/29(木)
 歯のトラブルのため、出発は16時。
 遅れたので、往きは高速を使う事にする
2017/06/30(金)
午前3時40分「道の駅あねっこ」仮眠2時間
6:40 国見温泉駐車場


国見温泉 7:15出発
 

2017年5月30日火曜日

新穂高から高天原往復

【日程】2017年5月19日(金)~2015年5月22日(月)
【形態】山スキー
【山域】北アルプス 
【ルート】新穂高から高天原往復
【メンバー】吉岡(記録)

 今回の計画は、雪が多いという事でスキーを楽しみながら高天原の温泉に入ることを目的に計画した。結果は、予定通りの好天に恵まれたものの連日の無風快晴の天気に苦しめられ、体力の無さを痛感し、温泉に入る気力も維持できなかった。雪の状態は、GWを過ぎた時期にもかかわらずデブリ等も少なく滑りやすい斜面が残されていた。

2017年5月28日日曜日

前穂高岳(残雪期)

【日程】2017年5月27日(土)~2015年5月28日(日)
【形態】残雪期ピークハント
【山域】北アルプス 
【ルート】前穂高岳(奥明神沢からダイレクトルンゼ)
【メンバー】目、津田、平石(記録)

残雪の前穂を楽しんできました。
新緑と残雪のコントラスが素晴らしいこの時期に前穂に行ってきました。



2017年5月5日金曜日

GW五竜岳

【期間】 2017年4月29日(土)~5月1日
【形態】 残雪期ピークハント
【山域】 北ア・後立山
【ルート】 五竜岳
【メンバー】 平石(記)、目、津田

私としてはお初な五竜岳へ行ってきました。

津田さんのピッケルは登頂!

当初の計画は五竜G0稜、余裕があれば唐松へ縦走としましたが
初日と最終日の天候不良と1名体調不良者が出ましたので
五竜岳へ遠見尾根からピストンとなりました。(登頂は2名)

2017年4月28日金曜日

越後駒ケ岳 山スキー

【期間】   2017年4月23日(日)~24日(月)
【形態】   山スキー
【山域】   越後
【ルート】  越後駒ケ岳
【メンバー】 吉岡(記)

天気予報と自分の体力を考慮して、1泊2日で計画した。結果は天気にも雪にも恵まれ余裕をもってスキーを楽しめました。

2017/4/23(日)☀
記録;石抱橋10:40→11:40尾根取付11:50→14:00道行山→14:16幕場
赤=初日、緑=山頂からの下り(GPSではありません)

2017年4月19日水曜日

雪上訓練・マチガ沢出合い


【期間】   2017年4月15日(土)
【形態】   雪上訓練
【山域】   谷川岳
【ルート】  マチガ沢
【メンバー】 堀口、吉岡、目、岡田、津田、平石(記)


マチガ沢へ雪上訓練へ行ってきました。
新しく入った津田さんの歩行トレを主に実施
雨が降ったため移動してさらに別メニューを実施しました。

2017年3月27日月曜日

南沢小滝

【期間】   2017年03月26日(日)
【形態】   アイスクライミング
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  南沢小滝
【メンバー】 平石(記)、目、津田

アイスクライミングの締めくくりです。
南沢小滝で来シーズンへつながる練習をしてきました。



2017年3月26日日曜日

大戸沢岳 山スキー

【期間】 2017/03/25(土)☀
【形態】 山スキー
【山域】南会津
【ルート】大戸沢岳
【メンバー】吉岡(記)
 週末の天気が良いので、ネットで見た記録の中から良さげな大戸沢岳に決めた。それと単独で行く場合高速料金が週末の方が安いということもある。

【記録】下大戸沢スノーシェッド駐車地7:25→9:40ポコ1386m→10:22ポコ1553m
    →13:15頂上稜線13:45→(中ノ沢)→15:00駐車地

青=登り 赤=下り 赤直線=予定ナビ

2017年3月19日日曜日

八ヶ岳ジョーゴ沢

【期間】   2017年03月18日(土)
【形態】   アイスクライミング
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  ジョーゴ沢
【メンバー】 平石(記)、津田

新入会の津田さんのアイストレです。

2017年3月15日水曜日

蒲原山

【期間】 2017/03/12(日)☀
【形態】 山スキー
【山域】北ア
【ルート】蒲原山
【メンバー】吉岡(記)

タイム;湯原除雪終了点(441m)8:40→北東斜面入口(1420m)13:00→
    13:50山頂(1625m)14:20→15:20北東斜面の底→
    15:45登りトレース合流→16:22湯原

 以前、紙すき山牧場から蒲原山を目指したことがあったが、その時は山頂には届かず敗退したので、別ルートから山頂を狙った。

コルチナスキー場~中土駅

【期間】 2017年3月11日☁
【形態】 山スキー
【山域】北ア
【ルート】コルチナスキー場~中土駅
【メンバー】吉岡(記)

タイム;コルチナスキー場リフトトップ(1340m)10:35→10:50(950m)登り返し→11:40(1130m)11:50→12:00林道(860m)12:10→13:25中土駅(480m)


2017年3月9日木曜日

湯河原幕岩#3

【期間】 2017年3月07日☁
【形態】 フリークライミング
【山域】伊豆
【ルート】湯河原幕岩
【メンバー】吉岡(記)、細川

 今年に入って3回目の湯河原、前日に雨が降ったのでしみだしが心配。まず向かったのは、前2回通った「サンバリー」、やはりハングの上から水が垂れている。
濡れた個所が少ない
「ミスサイゴ」5.10b/cに取り付く。上部のフェイスは細かく、ルート取りを間違えてテン山になってしまう。





前回宿題の「ラブミー」5.11bは濡れているので止めて、場所を「希望峰」エリアに移す。

「卑弥呼」5.11cに細川さんがヌンチャク掛けで登る。続いてトップロープで登ったが右の壁は使わないという限定があり、どこから許されるのか判断に迷う。細川さん2回目でR.P.する。
「帰還兵」5.10c体振ってレイバックらしいが、その前の部分も難しくテン山になってしまう。







最後に細川さんが、「シャクシャイン」の左にある
「ネグリッタなすがまま」5.11cに登るが、登った形跡がほとんどなく極端に悪っかったらしい。

シャクシャインを登ってみたいと思ったが、他のパーティーが来たので止めて見物する。

2017年3月1日水曜日

湯河原幕岩

【期間】 2017年2月27日☁
【形態】 フリークライミング
【山域】伊豆
【ルート】湯河原幕岩
【メンバー】吉岡(記)、細川

 再び幕岩に来た。5日前より気温が低い。エリアは前回と同じ「サンバリ―」、メインエリアは浸みだしが見られるので、一段登った岩に行く。
 アップは「花と月5.9+」、

 次におそらく幕岩で最もかぶったルート「マザースカイ5.11b」始めに細川さんがムーブを確認しながらトップアウトする。続いて登ったが、ワンテン入ってしまい2度目でクリアする。ムーブが分かればお買い得な課題。
 そろそろメインも乾いた頃、前回の宿題
「グロー・ユアー・ロック 5.11b/c」に細川さんが取り付き、あっさりクリアする。私も頑張ったが、核心でワンテン入り残念。


 次は隣の「ラブ・ミー5.11b」グレードが隣より低いので・・・と取付くがスラブ部分で悪戦苦闘し、二人で何とかトップアウトしたが、宿題になってしまった。

湯河原幕岩


【期間】 2017年2月22日☀☁
【形態】 フリークライミング
【山域】伊豆
【ルート】湯河原幕岩
【メンバー】吉岡(記)、細川

 久し振りに暖かい伊豆でクライミング
幕山の梅祭りが始まっていたので、駐車場は9時からオープン。早めについたので食事をしながら車で待機する。駐車料500円、入園料200円を支払って入山する。帰りは16時半に駐車場が閉鎖されるので注意が必要。


 桃源郷、既に数パーティーがロープを張っていたが、空いていた「アボリジニ 10a」でアップと取付いたが悪くて撃退される。2回目の挑戦で何とかクリアしたが、10aとは思えない悪さに意気消沈する。
 混んできたので上のサンバリに移動する。
登った課題;ドロドロトロ 5.10a
      演歌の花道  5.10c
      グレゴリーおじさん 5.9
      グロー・ユアー・ロック 5.11b/c 
           トップロープでムーブ研究

2017年2月25日土曜日

芦安カモシカルンゼ

【期間】 2017年2月19日
【形態】 アイスクライミング
【山域】芦安上荒井沢
【ルート】カモシカルンゼ
【メンバー】平石(記)、目

沢渡から東京へ向かう帰り道での
寄り道アイスでございます。
下部リードは目さん


2017年2月22日水曜日

善五郎の滝

【期間】2017年2月18日
【形態】 アイスクライミング
【山域】 北アルプス
【ルート】乗鞍岳・善五郎の滝
【メンバー】平石(記)、目

駒ヶ根ICからすぐの野猿の岩場の氷を登りに行ったのですが
初見の為よくわからず、対岸へ徒渉したものの水がジャージャー流れる堰堤が
A沢とは知らずに下流へ下ってしまいました。BCD沢は上流でした。。
また登り返すのが億劫なのと結氷状態が悪いと勝手に判断し(前々日から暖気と降雨)
乗鞍なら標高が高いから状態がよいかもと善五郎の滝へ転進しました。


2017年2月14日火曜日

吾妻不動


【期間】   2017年2月12日(日)
【形態】   アイスクライミング
【山域】   吾妻渓谷
【ルート】  吾妻渓谷・不動の滝
【メンバー】 堀口、平石(記)

2年ぶりに吾妻不動へ行ってきました。
車でのアプローチはまだ大丈夫でした。
そして結氷状態はまずまず and 貸し切りでした。

F1 50M

2017年2月5日日曜日

雲竜渓谷

【期間】   2017年2月4日(土)
【形態】   アイスクライミング
【山域】   日光表連山
【ルート】  雲竜渓谷
【メンバー】 平石(記)、目

お初エリアです。
以前、下仁田の氷を登りに行ったときに
栃木の山岳会の方から雲竜渓谷に是非行ってみてくださいと
お勧めいただいたのを思い出し計画しました。

1月最終土日に県警の雪訓が実施され
その際に林道の除雪が入るので快適な?林道歩きが保証?。
とのことらしいので、それも加味して計画です。

内容としてはハイキングとアイス少々という一日でした。
雲竜瀑は一見の価値ありです。
雲竜瀑


2017年1月15日日曜日

湯川アイストレ

【期間】   2017年1月14日(土)
【形態】   アイスクライミング
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  湯川渓谷
【メンバー】 平石(記)、目

うーん、結氷悪し。
12月のクリスマスの高温・降雨の影響でしょうか。。

現地には一番乗りです!
初級者向きの白髭エリアへ向かいます
気のせいかな?水量が多いような?
徒渉は対岸に荷物を投げてジャンプ。
この辺りは何とか登れます。
ここを登る

誰もいません。
なんとか目さんにもちょうどよいところがあったので
回り込んでトップロープをセット。
登れる氷のパートは8M程度。
スクリューのセットや回収しながら等
せっせと各自6本登りました。
バーチカルのトレーニングにはなったかな。
一気に登ったのであっという間に疲れてしまいました。
登っている間に写真の人や他のパーティが到着。

他に登れるところがありましたが
他パーティが使用中なので他エリアを偵察。
修行の滝、届いてないジャージャー

乱菊方面はミクロトワソン×、修行の滝×
乱菊の氷柱は想像がついたのでちゃんと見てません。。
ということで行動終了としました。
湯川上空は晴れたり曇ったり雪降ったりの天気でした。

寒波ということで八ヶ岳連峰、南アは雲の中、
金峰、瑞牆は雲がかかっていませんでしたね。

防寒テムレス、なかなかです。
防寒テムレス(Amazonで¥1,254)を使ってみました。
湯川であったパーティに各1名以上は使っている人がいました。
ゴム手なので濡れない、名前の通り手さらさら蒸れないです。
薄手の手袋と組み合わせてポカポカでした。
作業用の手袋?なので操作性も合格点。

耐久性が弱点ですが1シーズンで取り換えでしょう、安いので。

時期は若干違いますが過去の記録と比較くださいませ。。
http://seppyoalpineclub.blogspot.jp/2014/01/blog-post_26.html
http://seppyoalpineclub.blogspot.jp/2013/01/blog-post_16.html

2017年1月1日日曜日

北八・天狗岳

【期間】   2017年1月1日(日)
【形態】   ピークハント
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  唐沢鉱泉から天狗岳
【メンバー】 平石(記)




明けましておめでとうございます。!

間違いなく天気が良いと思い、初日の出を狙いに
大晦日の夜発、車中で年越し(寝てた)。

満天の星空の下、出発。
第一展望台で夜明け前の空に黒々と南八ヶ岳が確認できて足早に進む。
第二展望台でまた視界が開ける。
なんと、峰々に雲がぶちあたっているではないですか。
しかも少々強い風?刻一刻と明るくなるのですが
西天狗の岩稜帯ではもうほぼ真っ白。。

西天狗山頂では三脚を立てて待つパーティー2つ。
私もダウンを着て20分くらい頑張るが、寒い、これは昼ぐらいにならないと
とれない風の流れの様な気がして、東天狗へ。
ここもダメ、ひっきりなしに人が上がってくる。

さっさと中山峠→黒百合ヒュッテまで降りて、大休止。
まぁまぁなテントの数でした。

もう、頭の中は唐沢鉱泉のお風呂。
一気に降りて、目的を果たしました。

唐沢鉱泉までの林道は圧雪されていて快適に走れます。
やはり下は雪が少ないですね。

都内の渋滞に巻き込まれて帰りました。

帰りのエコーラインから。。

今年も安全登山!