2018年4月2日月曜日

赤岳主稜


【期間】   2018331()
【形態】   冬期アルパイン
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  赤岳主稜
【メンバー】 平石、津田(記)

赤岳主稜に行ってきました。




車の中から見た八ヶ岳は雲の中・・・?
とちょっと心配だったのですが、現地に到着すると晴れ。

赤岳山荘までの林道はほとんど雪も氷もありませんでした。
南沢は日陰がつるつる。
こんな道だったっけ?と思いながら行者小屋へ。
テントは3張りくらい。赤岳山荘の車も10台くらいだったし、今日すいてるなぁ…

登攀装備を付けて、取り付きまで文三郎を上がります。
ここが一番きつかった…
取り付きまでのトラバースは、今日は雪が緩かったので問題なし。
凍ってたら絶対怖い。


取り付きで準備をしていたら、
下山中の皆さんに沢山応援して頂きました。

1P目平石さんリード。
2P目津田…が敗退して、平石さんリード。
応援の皆さんに恥ずかしい所を見られてしまった…




そのあと基本は平石さん、大丈夫そうな所は時々私がリードさせてもらったり。
岩はモロモロで、いくつか大きな動くやつもあったので、気を付けて。

15時山頂。さすがに誰もいない。
赤岳に、北峰南峰があるって初めて知りました。


地蔵尾根を下って、行者小屋でアイゼンを外して、
赤岳鉱泉経由で下山。北沢の方がやっぱり早い気が。

この日の八ヶ岳は年度末のせいかガラガラで
快晴で静かに楽しめましたが、
体力とかロープワークとか駐車とか課題も沢山見つかりました。頑張ります! 

帰りの境川PAで乗鞍スキー帰りの吉岡さんにばったり会って、
ビックリでした。

平石(記)

なんとほぼ7年ぶりの主稜でした。
おぼろげな記憶でルート取りがちょっと不安でしたが
人気ルートだけありトレースがしっかりとあり不安は払しょくされました。
しかし、昨年秋からの左肩の故障がアイスでは顕在化しなかったのですが
やはり岩登りとなると違う動作が多数あり
痛みを我慢しながらの登攀となってしまいました。

 ルートは津田さんの記載のとおりで、雪が少なくて岩が露出して少し神経を使う登攀
となりましたが、それも良い経験となったことと思います。

快晴無風の春の赤岳主稜は久しぶりのピークを踏む気持ちの良い山行となりました。

あ、境川!

以上。


2018年3月28日水曜日

屋久島 宮之浦岳


【期間】   2018322日~23
【形態】   ハイキング
【山域】   屋久島 宮之浦岳
【ルート】  白谷雲水峡~宮之浦岳~淀川登山口
【メンバー】 津田(記)

屋久島に、癒されに行ってきました。


3/21 
高速船で島入り。

観光案内所で登山届出して、入山協力金を支払う。
単独縦走だって言ったら装備とか、登山経験とかをしっかり確認される。

この日は高波でフェリーが欠航したので、島内のパンや牛乳等日配品が品薄気味。
鹿児島で買って来てよかった。

3/22 
白谷雲水峡から登山開始。曇り予報なのに朝から霧雨。


朝ごはん食べながら雨上がらないかなぁ。と思いつつ30分くらいだらだらするも
天候回復の気配が無いので諦めて歩き出しました。


小雨だし、森の中なのでさほど雨の影響はないものの、
足元はここ数日の雨でところどころ川のように。コレ、絶対靴濡れるやつだ…
でも、苔むして、雨に濡れた森は綺麗。時折日光がさすとキラキラしてプリズムみたい。

歩いてた外国の人とちょっとお話ししたら、
Real princess mononoke forestに来たかったんだ。とのこと。
ジブリは外国でも人気なんですねぇ。


途中何回かヤクシカちゃんやお猿さんに\コンニチワ/

荒川登山口からの道との合流点、楠川別れから屋久島名物トロッコ道に。
木道が整備されていて歩きやすいけれど、単調で早々に飽きる。


トロッコ道の終点から本格的な登山道。
丁度日帰りツアーの折り返し時刻だったのかツアーのお客さんと沢山すれ違いました。
ウィルソン株で定番のハート写真を。


久方ぶりの縄文杉は立派な展望台に囲まれていました。霧の中の縄文杉はラスボスっぽい。
前回着た時(じゅううんねんまえ)は触れたのになぁ。


この辺りで雨と風が強くなってきて、新高塚小屋まで行く予定だったけど、
なんかめんどくさくなってきたし、手前の高塚小屋までにしちゃおうかな…と覗くと、
あらら結構混み合ってる。

ツアーのガイドさんは外でツェルトで寝るそうで、ご苦労様でございます。
しょうがないので新高塚小屋を目指すことに。
この辺りから登山道、雪がしっかり出てくる。

新高塚小屋15:15くらい。着いた時点では先客10名程度。
テントは持ってるけど、濡れてるし、寒いし、迷わず避難小屋泊に。
先輩に言ったら軟弱者!って怒られるかなー。

最終的には30名のくらいの宿泊者。
春休みシーズンとはいえ平日でコレってことはGWとか夏休みとかどうなるんだろ?
といらない心配。
大分遅い時間になって到着する人がいたりでよく眠れなかった。

3/23 6:30出発。
ガスってる。このままガスだったらやだなー。って思っていたら、
山頂に向かうにつれ太陽が!私の登頂に合わせて晴れてきてる!(と思う事に)


焼野三叉路のあたりで木道や岩の上にに氷が張り始め、
前日降った雪がその上に乗って歩きにくいのでチェーンスパイク装着。

850洋上のアルプス宮之浦岳山頂着。
実は今年初のピークだったり。 


ここからはしばし気持ちのいい稜線歩きを楽しみます。
お天気よくなったし、荷物は軽いし、景色はきれいだし、
おやつに持ってきたフロランタンは美味しいし、とっても幸せ。



計画では石塚小屋方面に降りてもう一泊しようと思っていたのですが、
登ってきた男性に伺ったところ膝上~太ももくらいまでの渡渉があったそうで、
男性でそれってことは、超お短足様の私なら下手したら腰渡渉じゃない?
数日続いた雨の後だし危ないかな?と判断し、下山ルートを淀川登山口に変更。


この時間ならバスに余裕で間に合いそうだし、
予定を変更して一気に下山してしまうことに。


黒味岳にちょっと寄り道して、淀川の登山口に下山。
登山口からバス停まで歩いていたら、
車で来ていた方に街まで車に乗せて頂け感謝。

予定より1日早く下山したので、
1日早く島抜けして鹿児島観光して帰京しました。

屋久島とっても楽しかったので、また季節をかえて来たいなぁっておもいました。
(沢登りが楽しそうでした!)


2018年3月21日水曜日

南沢小滝

【期間】   2018年3月18日(日)
【形態】   アイスクライミング
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  南沢小滝
【メンバー】 目、津田、平石(記)




3人でアイス納めに行ってきました。

2018年3月18日日曜日

五地蔵山

【期間】   2018年3月16日(金)
【形態】   雪山歩き
【山域】   上信越
【ルート】  五地蔵山

【メンバー】 吉岡(記)、牧野、柳澤悦

【記録】戸隠キャンプ場9:50―10:05第1渡渉―10:21第2渡渉―10:40ワカン装着
    ―12:27予定ルートと合流―14:50五地蔵山―15:37EA0015―
    16:00EA0016―17:16渡渉―17:30戸隠キャンプ場
 前日「しなの道の駅」まで入り仮眠する。6時に起きると外は雨、朝食をとり登山口の大橋に向かう。車が1台駐車していたが、駐車場には水たまりが出来ていてガッカリ。牧場方面に行くためには橋があるのか心配になり、戸隠キャンプ場からの様子を見に行く。相変わらず雨が降り続いているので、雪に変わるのを待って車の中で待機する。

青=予定ルート 赤=実際

2018年3月15日木曜日

守門大岳 山スキー

【期間】   2018年3月11日
【形態】   山スキー
【山域】   上信越 守門大岳
【メンバー】 吉岡(記)
記録;駐車7:20-9:07保久礼小屋9:30-11:25山頂11:40-
    12:05保久礼小屋12:35-13:20駐車


 


2018年3月12日月曜日

上高地・中千丈沢


【期間】   20183911
【形態】   アイスクライミング
【山域】   上高地・中千丈沢
【メンバー】 平石、目、津田(記)

39
夜都内⇒沢渡の足湯泊。
道中結構な雪だったけど、沢渡は晴れていました。

310
沢渡足湯⇒坂巻温泉。
坂巻温泉→釜トンネル→上高地トンネル→大正池ホテル。

殆どコンクリの車道歩きなのでアプローチシューズで。
上高地トンネルを抜けてからもしっかり締った雪道だったので
アプローチシューズで問題なし。道をふさぐデブリがすごかった。


上高地トンネルを抜けて少し歩くと大正池と穂高が\コンニチワ/

中千丈沢へ向うも、こちらも雪崩の跡がすごい。
他にも何パーティか先行していたのですが、皆引き返して来ている状態。
チラッと覗いて、気温も高めだしちょっと今日はやめとこうかというモードに。


他に転身しようかーなんて話もあったのですが、時間も中途半端だったし、
上高地迄のんびりハイキングに行くことに。


河童橋にはスノーシューのハイカーが沢山。
昨夜降ったおかげで空気が澄んでいるうえに、真っ白な穂高。綺麗だなぁ。
河童橋でのーんびりランチして、清水川でお水汲んでテントへ戻る。


特にやることも無いので、15時くらいから宴会はじめて明日の相談。
善五郎に行こうかという話もあったのですが、そっちもイマイチっぽいので、
早朝の締っているうちにもう一回中千丈沢に行くことに。

311
4時半起床。焼きそば食べて6時ころテント発。

二股の左を登る。平石さんを見失ってしまい、
アプローチに少し迷ってしまいました。


沢を登って行くとZ!写真で見たまんまだー!とテンションUP。
ジャバジャバで氷のコンディションは悪いので見ただけ。
ミルキーウェイやミウラー、一角獣ももう無理だね…って感じ。



もう少し奥の達磨岩が登れそうだったのでそこで1本ずつ登って、
何となく帰りますかーな雰囲気になったので、坂巻温泉入って帰京しました。

もうあったかいし、桜咲くし、今シーズンアイス納めかなーって勝手に思ってたら、
まだ続くらしい。頑張ります。