2016年12月3日土曜日

裏同心ルンぜ 2016

【期間】   2016年12月3日(土)
【形態】   アイス
【山域】   八ヶ岳
【ルート】  裏同心ルンゼ
【メンバー】 平石(記)、目

調布5時⇒美濃戸7時半
美濃戸7時50分出発→鉱泉9時30分着
鉱泉10時過ぎ出発→F1:10時40分→F5:12時過ぎ→大同心基部12時30分過ぎ
大同心基部13時30分→鉱泉14時すぎ
鉱泉14時30分すぎ→美濃戸15時50分

裏同心へ行ってきました。
F1は下半分のみ登れ、あとは草付きを使って巻きました。
F2からは薄いですがアイスクライミングできました。
 下段はロープ無しで、上段は目さんリード。
F3は雪がすくないので、いつもより露出、ロープ出す。
F4ほぼ歩き
F5、右側の階段状を登る、ロープ無し。
大同心基部までは積雪がそこそこ多くて歩きやすかった。

大同心基部の日向で大休止、快晴無風で気温高い。
中ア、御嶽、乗鞍、北アのパノラマを堪能
車山には雪が全く無し。

耐寒訓練にはなりませんでした。。
ちなみに平石は起床時より腹痛のため絶不調。
F1登ったらスイッチが入り頑張りましたが
硫黄岳へ抜けるのは厳しいので大人しく大同心稜を下りました。。
F1は上部は巻く

F1巻きおわり

F2下部

F2上部

F5

パノラマ

2016年11月6日日曜日

甲府 兜岩


【日程】2016年11月01日(火)
【形態】フリークライミング
【山域】甲府
【ルート】兜岩 大手門エリア
【メンバー】吉岡、堀口(記)、細川、岡田

11月に入っての最初の平日ズル休み山行です。

天気のことは気にも留めていなかったが、朝起きてみると外では何やら聞きおぼえのある音。雨?。外に出てみるとやはり雨。晴れて当たり前と思い込んでいたため、天気予報など見てもいなかった。どうせ東京近郊の朝のうち一時雨程度の天気だろう。良くある話ではないか、と勝手に判断。集合場所の八王子へ車を走らせるがいっこうに雨が止む気配はない。むしろ雨足が強まっている。ラジオでは、関東地方は午前中いっぱい雨の予報。八王子では傘が欲しいくらい。コリャまいった。平日なので、ジムのオープンは12時過ぎ。今はまだ6時半。午後から日差しがある予報だったので、とりあえず現地まで行ってみることとなった。

9時過ぎ現着。雨は止んでいたが、どう見ても岩が乾く気配はない。山頂までハイキングに行く案も出たが、取り敢えず空身で行って、万が一壁が乾いていたら大変なので、ハーネス、靴、ロープ、ガチャは持って行くこととする。

大手門エリアAは、ほぼ絶望的に濡れている。唯一、かぶり気味の下は濡れてなかったので、午後の日差しが出るまで待つこととする。と言うか、歩きたくない症候群。でも、なかなか乾きそうにないので、遊べそうな処をつまみ食いすることとした。

たまたま、カムを持っていたので、吉岡さん5.9のクラックにトライ。トップロープをセットしてもらい、堀口、岡田で遊ばせてもらう。

細川さんは、ハング越えの11aを選択。ハング帯は濡れていないものの、その上のフェースが靄っていて良く確認できない。なんだか濡れていそうな感じ。行ってみると、予想どおりビチョビチョ。ロアーダウンで乾くまで下で待つこととする。

昼過ぎに予報どおり日差しがチラホラ見え始める。まだ乾いていそうもないが、待ちきれず堀口トライ。強引にトップロープセット。岡田、吉岡で遊ぶ。

大手門エリアAは、いくら待っても乾きそうになかったので、風通しの良さそうなすぐ上のエリア(大手門エリアC,D)に移動。ここもイマイチ。吉岡さんはここのエリアはお初だそうで、青とブドウ色10a OS。細川さんに薫風10a経由でカチッとマントル11cにトップロープをセットしてもらい遊ぶ。最終ピンを越えてからの23手が絶望的に感じられた。

バッドコンディションでしたが、それなりに楽しめた一日でした。

チキンちゃん 11a
 
青とブドウ色10a

カチッとマントル11c

2016年10月23日日曜日

八海山

【日程】2016年10月20日(木)
【形態】縦走
【山域】越後 
【ルート】八海山
【メンバー】大木場(記録)、小林


 10/20(木)にOB小林さんと二人で八海山に行ってきました。
ロープウエーの山頂駅から千本檜小屋まではゆるい登りで快適な登山
道、紅葉は最盛期を過ぎて枯れ葉が風に舞っていました。
千本檜小屋は2食付きで一泊¥7,000
千本檜避難小屋は千本檜小屋に30cm程で接しており、快適な小屋でし


た、避難小屋宿泊も快適そうです。



 今日は曇りで時々小雨が降っているので、八海山・八ッ峰の稜線は
通らずに迂回路を通ることにしてトラバース道へ。
この迂回路、HPを見ると稜線よりも悪いかもと書いてある文もあり、
少々心配していたけれど全く快適な登山路。
殆ど鎖の手すりが付けてあり、足下の岩にはステップを刻んで有るの
で快適に登下降。
ということで八ッ峰歩きは、千貝さんと歩くために(天気が良く視界
が良い日に)取っておきました。
来年を楽しみにしています。

 大日(だいにち)岳下の分岐から新開道へ下ったのですが、この
ルートは二度と行きたくない代物。
分岐からしばらくは斜面の下降で足下の悪さやスリップに注意するの
で疲れることこのうえなし。
稜線に出てからは、枯れ葉の上を歩くため葉っぱでのスリップと石や
根っこが隠れているので全く歩きにくい。
新開道を下るより、山頂駅へ引き返した方がベスト。
山頂駅から山麓駅へは山道が付けてあり、約1時間半とのこと。

 写真とGPS軌跡を一枚にしたので添付します。
 
 2泊は道の駅・南魚沼でテントを張り、21日朝に彫刻の展示は一見
の価値ありという西福寺に行ったのですが、拝観は9時からというこ
とで周りを見ただけで帰って来ました。

 黒ニンニクとアミノ酸を飲んだおかげでしょうか疲労感は全く無く
快調ですが、脚の筋肉痛が少々出ています。


 2016,10,22  大木場

2016年10月4日火曜日

奥秩父縦走

【日程】2016年9月26日(月)~2016年9月28日(水)
【形態】縦走
【山域】奥秩父 
【ルート】雲取山~金峰山
【メンバー】吉岡(記録)
               デジカメを忘れたので写真はありません。
2016/09/26(月)
 第1日目。「ヤマケイ・オンライン」標準タイムx0.8で計画(歩行予定時間7時間半)

 奥多摩駅着7:30、7:45歩き始める。三の木戸岩場への林道から登山道に入る。

 鷹ノ巣山は捲き道をとらず山頂へ、避難小屋からは捲き道を七ッ石へ登る。予定通り15:30雲取避難小屋に到着する。その後約1時間かけて水汲みの為山荘を往復する。

 避難小屋泊りは、単独4名、一人長靴をはいた変なおじさんがいて怖い。

 夜、外に出るとぽっかり空いた雲の間から オリオン座が輝いていた。都心の明かりも暗闇にかすんで浮いているようだった。


2016年9月28日水曜日

奥穂南稜

【日程】2016年9月24日(土)~2016年9月26日(月)
【形態】岩稜・縦走
【山域】北アルプス 
【ルート】奥穂高岳南稜
【メンバー】平石(記録)、目

以前、GWに計画しましたが天候が悪く断念し
いつの間にかちょっと忘れていたルート。
しかし、目さんのリクエストがあり、時期は違うけれど
トライすることになりました。
南稜の頭

上高地からも分かるトリコニーを通過して南稜の頭へ抜ける、そして奥穂。と、なかなか面白いルートでした、ウェストンによる初登ルートとのことですが当時の装備で登ったことを想像すると感服する次第であります。

小川山river bank area


【日 時】2016.09.28(水)

【形 態】フリークライミング

【山 域】奥秩父

【ルート】小川山river bank area

【メンバー】堀口(記) 細川 岡田


久々の平日クライミング。メンバーは、細川君と岡ちゃん。予定ではStream Side areaでしたが、行ってみると連日雨のためか、壁はしっとり濡れ濡れ状態。しばらく乾くのを期待していたが、どうにも乾きそうにない。更に、一段上の壁を眺めていると「ハチ↑」と読めるペイント??。行ってみるとテープで書かれた文字。その手前には「×」印。クラック内にハチが巣でも作っているのかと食い入るように眺めたが、見当たらない。辺りを見渡すと確かにちらほらスズメバチらしきハチが飛び交っていた。矢印に導かれ、上方に目をやると残置のヌンチャク発見。そのすぐ上、丁度ブッシュの根本付近にバスケットボール大の茶色いスズメバチの巣が確認できた。これで、残置ヌンチャク、「ハチ↑」「×」の意味が分かった。君子危うきに近寄らず…と言うことで、即移動を決定した。で、どこに行こうかと色々考えた末に、天気もイマイチだし、時間も遅いしと言うことで、近場のriver bank areaに行くこととした。

こちらの状態もあまり快適ではなかったが、Stream Side areaよりは少しマシだったので、早速前回、上部で良いホールドが見つからず痛い目に遭った「プテラ5.9」で雪辱戦&アップ。今回は、よく見て難なくレッド。しかし、アンダーナインには感じられなませんでした。これが実力でしょうか。続いて岡ちゃんもTRトライ。次に細川君「秋の訪れ10a」でアップ。続いて岡ちゃんTRトライ。ついでに堀口ももう一本アップさせてもらう。そして、岡ちゃん「プテラ」レッド。

そして、チョット移動し、新しい「日本100岩場③伊豆・甲信編」には掲載されていない右の端っこにある「I Loveデリヴァリー69 10d」を触ってみることにした。細川君難なくOS。 曰く「dはない!」とのこと。で、堀口TRにてお試し。確かにTRだと「b」程度に感じた。細川君、限定意識にてトライした結果、「d」以上との意見。どうも良く分からないと言うことで、雨も本降りとなってきたため店終い。本日の核心は帰りの渡渉でした。

プテラ5.9

プテラ5.9

I Loveデリヴァリー69 10d

I Loveデリヴァリー69 10d